コラム

薬物乱用頭痛とは?

薬物乱用頭痛とは?

薬物乱用というとちょっと怖い薬物を想像しますが、以下のチェックをしてみると
実は結構コレって私のこと?と思う人が多いかも

薬物乱用頭痛チェックリスト

  1. 月に15日以上頭痛がある。
  2. 頭痛薬を月に10日以上飲んでいる
  3. 朝起きたときから頭痛がする。
  4. 以前はよく効いていた頭痛薬が効かなくなってきた。
  5. 頭痛の程度、痛みの性質、痛む場所が変化することがある。
  6. 薬をいくら飲んでも頭痛が以前よりひどくなってきた。
  7. いつも同じ頭痛薬を愛用している
  8. 予防的に頭痛薬を飲むことがある
  9. 薬の量がこの頃増えてきた
  10. 市販の薬は病院でもらう薬より、身体に優しい(効き目が弱い)というイメージがある

あなたはいくつあてはまりましたか?

 

薬物乱用頭痛の特徴

  1. 1か月に10日以上頭痛薬を服用を3か月以上服用していて、毎日頭痛がするという方は、この「薬物乱用頭痛」の可能性があります。
  2. 特に明け方から痛むのが特徴

長期連用で薬に対する耐性ができて効きにくくなるのと、頭痛薬自体に神経を過敏にする成分が入っているので、少しの刺激で頭痛が起きやすくなります。

薬物乱用頭痛は、薬の量を徐々に減らしてやめていくことで、治っていきますが、薬を抜くときに余計頭痛が起きることもあるので、専門の頭痛外来やペインクリニックへ行くのがいいでしょう。

痛みにアロマ

痛いのはいやですよねー。なので痛くなる前にと予防的に頭痛薬を使っている方で、だんだん効かなくなってきたという方は、アロマを活用してみるのもいいかもしれません。

頭痛の時は神経が過敏になっているので、アロマを使うタイミングは痛くなってからではなく、痛くない時がおすすめです。

毎日のリラックスにアロマを使用しているといつの間にか薬を使わなくても済む日が増えるかもしれません。

頭痛の種類ごとのアロマレシピまとめ

頭痛の種類ごとのアロマレシピまとめです。

頭痛対策アロマレシピまとめ頭痛対策アロマレシピまとめです。頭痛は様々な原因でなりますが、アロマで心身のバランスを整えることで、頭痛の緩和や解消につながります。是非...

 

自分の頭痛タイプとセルフケアを知りたい時は・・・

頭痛専門外来の先生曰く…頭痛の種類はなんと367種類もあるんだそうです。

それを見極めるにはやはり専門家の力が必要ですが、自分を心地よくする術は、自分の声なき声を聞き取る嗅覚に切ってみるのもおすすめです。

レモングラスの香りが好きなら、血管がキューっとなって頭痛が起きている可能性が高いし、逆にペパーミント香りのほうが好きなら血管が拡張して神経を圧迫し頭痛が起きているかも・・

そんな自分の嗅覚の好みで状態を見ていく嗅覚反応分析がおすすめです。

嗅覚反応分析メールサポートケア概要 サロンでのトリートメント前のカウンセリングや体験講座で活用している嗅覚反応分析をご自宅でいながら受けられるメールサポートメニ...