更年期

更年期によるめまいのアロマケアレシピ

更年期障害と言われる症状は、様々。

そして人によって、または同じ人でも日によって症状が違うケースもままあります。

大きな病気が隠れていない場合は、規則正しい生活とともにアロマが役立ってくれるかもしれません。

めまいも更年期障害の症状のひとつです。

めまいの種類

  1. 身体がふわふわして足もとがおぼつかなくなる浮動性めまい
  2. 天井がぐるぐる回って見える回転性めまい

どちらのめまいも更年期の時に起こす人がいます。

めまいの症状が辛かったら・・・

  • まずは、病院へ行きましょう。
  • 耳鳴りなどが伴う場合は耳鼻咽喉科へ
  • 頭痛などが伴う場合は、脳神経外科や神経内科などへ
  • 婦人科へ行くと血液検査で女性ホルモンバランスを調べてくれます。

 

めまいの原因

  • メニエール病などの病気
  • 貧血
  • 更年期障害
  • 過労
  • すいみん不足
  • 自律神経の乱れ
  • ストレス過多

などがあげられます。

めまいのアロマケアレシピ

精油の作用の中には、女性ホルモン様(エストロゲン様)作用や、自律神経のバランスを整える作用のある精油があります。上手に使用して症状緩和をはかりましょう。

更年期のめまい予防レシピ

女性ホルモンバランスをとってめまいの症状を緩和するアロマレシピです。

めまい予防レシピ(更年期)
  • フェンネル5滴
  • クラリセージ 5滴
  • スィートアーモンド油 5ml

女性ホルモンに似た作用のある精油テンコ盛りブレンドです。昼間にこめかみや下腹部に塗るのがおすすめ

このブレンドが合う人は大好きな歌を空を見上げて歌ってみるのも実は効果的

自律神経のバランスを整えるアロマレシピ

自律神経のバランスの乱れによるめまいの症状緩和アロマレシピです。

めまい予防アロマレシピ(自律神経)
  • マジョラム 5滴
  • サイプレス 5滴
  • ホホバ油  5ml

どちらも自律神経調整作用のある精油です。サイプレスには弱い女性ホルモン様作用があるので、こちらでも更年期の方にもおすすめのブレンドです。

  • 女性ホルモン様のある精油は、個性的な香りが多いのが特徴です。
  • その香りの好き嫌いがはっきり分かれることが多いのです。
  • いい香りに感じる時は必要な香りなので、積極的に使用し、「臭く」感じ出したら、使うのの止め時のサインとなります。

メニエール病対策アロマレシピはこちら

メニエール病対策としていますが、めまい対策レシピです。
こちらのレシピがピンとこない場合にご参考にしてください
https://pukalanirecipe.com/968.html

 

おすすめブレンドマッサージオイル

自分で精油をいろいろ揃えてブレンドオイルを作るのがハードルが高い人はまず植物油に精油をブレンドされているものを試すのもいいかもです。

プラナロム社のブレンドマッサージオイルは濃度も20%と高濃度で精油も高品質です。

更年期障害用のブレンドだけあって、クラリセージ・スターアニス・セージ・マジョラムと女性ホルモン様作用のある精油がてんこ盛りにブレンドされています。どれも単品で買うと個性が強い香りでちょっとつかいにくいかもしれないのでまずこのブレンドオイルを使ってみて香りが心地よかったら単品精油を買って自分でブレンドして使うのが良いかもしれません。

このブレンドオイルは女性ホルモン様作用の精油がいろいろ沢山ブレンドされているので、妊活中の方・妊娠中の方・ホルモン療法を受けている方は使用を差し控えたほうが良いでしょう。