泌尿器系トラブル

夜間多尿をアロマでケア

夜に必ずトイレに行きたくて目が覚めちゃうのとおっしゃる方。

この現象、40歳以上になると約4500万人が経験しているのだそうです。
そして、加齢とともにその頻度が高くなる・・・。

トイレに行きたくて目が覚めてもまたすぐに眠れるのなら、あんまり気にしなくても良いように思います。そこに神経質になるとますます眠れなくなるので。

気になるその症状、アロマでケアをいたしましょう。

夜間頻尿の原因のひとつが夜間多尿です。

夜間多尿とは?

  • 水分のとりすぎや高血圧・うっ血性心不全・腎機能障害などの持病のある方に多い
  • 横になって寝ているほうが、身体の修復機能が活発になるので、その間に老廃物を尿に変えて、夜トイレに行きたくなる。

水分の取り過ぎ以外でトイレに行きたくなってしまう場合以外では、加齢により膀胱が固くなってあまり貯めて置けなくなる場合も夜トイレに行きたくなる原因になります。

膀胱容量の減少による夜間頻尿のアロマケアレシピ 夜に必ずトイレに行きたくて目が覚めちゃうのという経験している方が、寒い時期に増えます。 この現象、40歳以上に...

夜間多尿のセルフケアアロマレシピ

血圧とうっ血に効果のある精油でケアすることで、夜間多尿の予防をしていくレシピです。

おすすめの精油
  • 血圧降下作用のあるラベンダー・イランイラン・ユーカリレモン
  • うっ血除去作用のあるサイプレス・シダーウッド・サンダルウッド
夜間多尿をアロマでケア
  • スィートアーモンド油 5ml
  • ラベンダー 5滴
  • イランイラン 5滴
  • サイプレス 5滴

寝る前に下腹部へ塗布、ストレス過多の方は、胸周りに塗るのもおすすめです。

イランイランには不整脈調整作用があるので、不整脈が気になる方にもおすすめのレシピです。

嗅覚反応分析でこんなイオンマトリックス図になった方におすすめのブレンドです。

アロマ以外では、コーヒー・紅茶・緑茶など利尿作用のあるカフェインの含まれる飲み物を夜に控えることも大事。飲むのなら水や白湯がおすすめ

原因の違いや体質によってこのレシピより最適なレシピがあるかもしれません。もしも自分に最適な精油をもっと詳しくお知りたいのなら・・・
嗅覚反応がおすすめです。

サロンのどのメニューも、トリートメント前に足浴&サードメディスンチェックがついています。

メニューの詳細はこちら⇒PUKALANIのトリートメントメニュー

もしも自分に最適な精油をもっと詳しくお知りたいのなら・・・
サードメディスンチェックがおすすめです。

サロンのどのメニューも、トリートメント前に足浴&サードメディスンチェックがついています。

メニューの詳細はこちら⇒PUKALANIのトリートメントメニュー

頻尿トラブルアロマレシピ集はこちら

頻尿トラブルの症状は夜間頻尿以外にも冷え症・睡眠障害・過活動膀胱などいろいろあります。

それぞれの症状に最適なアロマレシピをまとめたページです。

頻尿トラブルをアロマでケアレシピ集いつもトイレの事を考えて出かけるのが楽しめないなんてことは無いですか? 頻尿の原因は、水分の取りすぎや持病のあるケース・膀胱が...

嗅覚反応分析(サードメディスン)チェックとは・・・

8種類の香りを嗅ぎ、好みの順番に並べ替えるというシンプルな手法で、その結果をチャート化することにより、体質診断はもちろん、体質改善に必要な精油や栄養素(食事)、体質に合った健康法など、あらゆる対処方法を「自分で考えられるようになる」のが特長です。(TMPのHPより引用サードメディスンチェックメールサポートケア
おうちにいながらにしてサードメディスンチェックを受けられるメールサポートケア好評です。
詳細はこちら⇒サードメディスンチェックメールサポートケア

 

◆PUKALANIのサードメディスンチェックはここで受けられます

 

サードメディスン入門講座でも最初にサードメディスンチェックチェックを行います。詳細はこちら⇒サードメディスン入門講座

その他出張講座承ります。開催のご相談はお気軽にこちらへ
●電話(080-5084-0764)
(留守電時はお名前とメッセージをお残しくださいませ)
●メールまたは、
こちらの⇒お問い合わせフォームをお使いくださいませ

 

東武東上線ふじみ野駅下車徒歩12分
アロマセラピーサロンPUKALANI(プカラニ)

~あなたのためのレスキューサロン~
肩こり・冷え・ムクミ・生理痛など女性の不調お任せください!
ご予約方法はこちら↓をクリック
ご予約フォームはこちら
●お電話(080-5084-0764)でのご予約も可能です。
(留守電時はお名前とメッセージをお残しくださいませ)
●その他お問い合わせは、メールまたは、
こちらの⇒お問い合わせフォームをお使いくださいませ