肌トラブル

手湿疹対策アロマレシピ

手湿疹とは?

  • 何らかの原因で手に湿疹ができた状態
  • 洗剤や薬剤の刺激でなる場合が多く、水仕事を多くする主婦・美容師・看護師さんが鳴る人が多いため、主婦湿疹と呼ばれることもあります。

手湿疹の原因

  1. 洗剤・薬剤などの物理刺激
  2. アレルギー
  3. アトピー性皮膚炎

手湿疹がひどく、ゴム手袋をして水仕事をしたら余計悪化したという方は、ゴムアレルギーの可能性ありです。

 

手湿疹に効果的な精油の作用

手湿疹は、皮膚のバリア機能が弱くなって起きるので、皮膚を丈夫にしたり、皮膚組織再生作用のある精油を植物油で希釈することでバリア機能の回復を早めることができるかもしれません。

  1. 皮膚強壮作用を持つ精油:マンダリン・ローズ・ローズウッドなど
  2. 皮膚組織再生作用を持つ精油:プチグレン・ラベンダーアングスティフォリア・ローウッド・ローズマリーベルべノンなど

痒い時にかきむしるとますます悪化するので痒み対策に効果的な精油も一緒に使うのがおすすめです。

かゆみ対策用精油のくすり箱 かゆみ対策について、かゆみと言ったら「ムヒ」なので、ムヒのサイトでお勉強させていただきました。 かゆみに効果的な働き 虫刺さ...

手湿疹対策アロマレシピ

手湿疹に効果的な作用を持つ精油を使用したレシピです。

手湿疹対策アロマレシピ

  • カモミールジャーマン 2滴
  • マンダリン 2滴
  • ペパーミント 3滴
  • 植物油 10ml

患部に塗布。カモミールジャーマン・ペパーミントは痒み止めの効果もあります。マンダリンはストレスや不安に効果的な精油です。

植物油を使用したこのレシピは、肌の浸透を考えたものなので、普段のセルフケアではこのレシピを使用した後にハンドクリームなどでお肌のバリアを作っていくのが効果的です。

希釈するオイルの選び方精油をアロマトリートメントや皮膚塗布に使う場合、そのまま使うと肌刺激が強かったり、すぐに揮発して体内への浸透がしにくくなるので、オイルで...
植物油と鉱物油の違い&特徴アロマトリートメントで使用するオイルはだいたいが植物油ですが、肌につけるオイルとしては、大きく分けて植物油と鉱物油に分けられます。その違...

自分でブレンドが面倒な方には・・・

自分でブレンドが面倒な方や、ちょっとマニアックで高価な精油なのでまず試したいという方は、ブレンドオイルがおすすめです。予め植物油で希釈されているので購入後そのまま塗ることができてお手軽です。

メディカルアロマメーカーで販売しているアトピー性皮膚炎用マッサージオイル(№113)です。植物油ですでに希釈してあるのでそのまま塗れます。

パルマローザ・ラベンダースピカ・ローレル・タイムツヤノール・ペパーミント・タナセタムと、お肌の状態をよくするマニアックな精油も入っています。

 

嗅覚反応分析とは・・・

8種類の香りを嗅ぎ、好みの順番に並べ替えるというシンプルな手法で、その結果をチャート化することにより、体質診断はもちろん、体質改善に必要な精油や栄養素(食事)、体質に合った健康法など、あらゆる対処方法を「自分で考えられるようになる」のが特長です。

嗅覚反応分析とは?嗅覚反応分析(サードメディスン)とは? 嗅覚反応分析(旧:サードメディスン)とは嗅覚で心と体を読み解く、日本で生まれた新しいアロマセラ...

嗅覚反応分析メールサポートケアがおすすめです。

おうちにいながらにして嗅覚反応分析を受けられるメールサポートケア好評です。

予防のためのセルフケアプランを考える際にも、食べ物・アロマ・運動など様々な角度から提案可能です。

嗅覚反応分析メールサポートケア概要 サロンでのトリートメント前のカウンセリングや体験講座で活用している嗅覚反応分析をご自宅でいながら受けられるメールサポートメニ...

 

嗅覚反応分析入門講座

嗅覚反応分析の根幹となるメディカルアロマの基礎を学ぶ講座です。

嗅覚反応分析視点での講座なので、アロマ初心者さんも、すでにアロマを使ってらっしゃる方にも目から鱗の内容になっています。

アロマの新しい使い方学びませんか?

嗅覚反応分析士入門講座サロンでのトリートメントメニューの事前カウンセリングや体験講座を行っている嗅覚反応分析(旧:サードメディスン) PUKALANIで...
pukalaniは女性専用サロンになりますので、男性で講座希望者はオンラインでの開催になります。ご了承くださいませ