更年期

動悸対応のアロマレシピ

この胸のときめき♡どーしましょ。と♡マークが飛ぶようなドキドキならいいですが、突然原因もなく動悸が起きたらちょっと不安ですよね。

まずは、あまりに激しい場合は病院へ…。

病院に行っても心臓に問題はありませんと言われたり、心因性のものと言われた時にはアロマでケアがおすすめです。

そして更年期の場合にも動悸が起きる場合があります。その特徴はこれといった原因なく突然なることが多いのです。

 

動悸とは?

  • 心臓が普段よりドキドキしたように感じること
  • その状態があまりに激しく苦しい場合は、循環器科などで診てもらいましょう。
  • 例えば走ったり、好きな人に会ったりしたときのドキドキはよくあること?
  • ミスしたらどうしよう?怒られたらどうしよう?などとストレスフルな環境で起きる場合は、そのストレスの対処していかないと改善は難しいです。
  • 更年期の時期に起きる動悸は、ホットフラッシュなどと同様。どこにきっかけがあるかわからずになることが多いのです。

 

更年期障害による動悸対応アロマレシピ

更年期障害による動悸は主に自律神経の乱れから起きることが多いのです。

女性ホルモンを出す指令を出す視床下部は自律神経の調整をするお仕事も担当しているので、自律神経としてはまさにとばっちりな感じではあります。

動悸をなだめすかすのにはこんなアロマブレンドがおすすめです。

[box class=”box26″ title=”更年期障害による動悸対応アロマレシピ”]

  • パルマローザ 10滴 (心臓強壮・自律神経調整作用)
  • イランイラン 10滴 (不整脈調整・鎮静作用)
  • 植物油 4ml

このブレンドは不整脈にも対応しています。心臓も神経も鎮める作用があるので、寝る前などに使えば安眠効果も期待できます。

今日はストレスを感じることが多そうという日の昼間に下腹部にぬるのもおすすめです。

[/box]

 

私の体験談&対応方法

  • 私は動悸まではいかないのですが、更年期にさしかかったかな?と実感したのが、不意に起きたことの対応力が落ちてきたこと。例えば、外出前にあると思った場所に定期や鍵がない!とか、アマゾンのアカウントを乗っ取られたりとかした場合にドキドキが半端なかったです。あれ?もっとちゃんと対応できる子だったはずなのに…みたいな。
  • その経験から、なるたけ生活をシンプルにするようにこころがけています。物の置き場所は決めておく、モノを増やさないなどなど。
  • 自分がどんな時にドキドキが激しくなるか?どうすれば回避できるかを調子が良い時に考えてみるのがおすすめです。
  • 自分で考えるのがしんどい!という場合は是非PUKALANIへお越しくださいませ。対処方法一緒にみつけていきましょう。

 

こんな方におすすめのブレンドです。

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • 気持ちのアップダウンが激しい人
  • 不整脈が気になる人
  • 何となくそわそわ気持ちが落ち着かない
  • よく眠れない。寝てもすぐ目が覚めてしまう
  • この頃不意な出来事に柔軟に対応できなくなったなぁと感じる人
  • アラフォー・アラフィフの人

[/list]

不整脈の方向けブレンドはこちら

市販のおすすめブレンド

精油やキャリアオイルなどいろいろ揃えるのは面倒という方には、プラナロム社のマッサージオイルCタイプがおすすめです。これならそのまま塗るだけでOK

上記のレシピで使用するパルマローザやイランイランをはじめはじめラベンダーやマンダリン・ローズウッドなどリラックス効果満点な精油が沢山ブレンドされています。

働く女性・子育て・介護などいろいろな役割があってなかなか自分の時間が取れない人にもおすすめのブレンドです。

パルマローザに含まれるゲラニオールはがんに付随する症状の緩和にも効果があると言われているので、がんの方のリラックスにもおすすめのブレンドです。

 

今の自分に合ったブレンドを知りたい時は・・・

サードメディスンチェックがおすすめです。今の自分の状態を嗅覚を使って見える化してくれます

嗅覚反応分析(サードメディスン)とは?嗅覚反応分析(サードメディスン)とは? 嗅覚反応分析(サードメディスン)とは嗅覚で心と体を読み解く、日本で生まれた新しいアロマセラピー...