緩和ケア

放射線治療時の諸症状にアロマで対応

 

放射線治療は、がんの三大治療法(手術・抗癌剤・放射線)の中では比較的副作用の少ない治療法ですが、人によっては、照射する部位の肌の炎症・色素沈着・ケロイドなどが起きる場合があります。
対処方法としては、病院で軟膏を処方もらったり、色素沈着を防ぐためビタミンCを積極的にとるなどの方法がありますが、アロマでもお肌に対するケアは可能です。

放射線治療後の肌の痕ケア

放射線治療は、皮膚が火傷した状態と同じような状態なので、火傷あとを綺麗にするアロマは、特に放射線治療後の肌の痕ケアには、とっても効果的です。

痕を薄くするだけでなく、放射線治療後特有のお肌のピリピリ感も緩和してくれる作用もあります。

放射線治療ケアに有効な精油

  • ティートリー:特筆すべきは、免疫賦活作用(白血球を元気にします)。放射線治療の時の肌を保護し、瘢痕(ケロイド)を小さくすることができる。
  • ネロリ:ティートリーと同様肌の保護・瘢痕(ケロイド)を小さくする効果があります。
  • サンダルウッド:かさかさとした肌の乾燥時のケアに有効です。
  • ラベンダー:放射線治療後はやけどのような状態になるので、炎症を鎮める効果の高いラベンダーは有効です。お肌の傷跡も目立たなくする作用もあります。
  • ロックローズ:皮膚再生効果はもとより、心の傷にも効果的です。

     

    *参考資料「アロマセラピーのための84の精油」

    *参考資料「アロマ療法大全」

    使い方

  • キャリアオイルに上記の精油を単体またはブレンドし、気になる部位に塗布する。
  • 万一、肌がしみたり、症状が余計強くなったら使用を中止しましょう。
  • 放射線治療中は、線などが消えないようにその部分を避けて塗ってください。
  • 肌に塗る直接的な効果も大事ですが、胸元から上がってくる香りを吸い込むことによってリラックスし、不安解消・免疫力UPにもなります。

 

放射線治療ケアにおすすめのアロマレシピ

 

放射線治療の皮膚ケアアロマレシピ
  • ラベンダーアングスティフォリア 10滴  皮膚組織再生作用・抗炎症作用・鎮痛作用・鎮静作用
  • ティーツリー  10滴  放射線からの皮膚保護作用・神経強壮作用
  • 植物油(ホホバオイルなど) 10ml

皮膚の再生に効果的なブレンドなので、火傷・シミ・水虫などにも効果的なレシピです。

  • 放射線治療中は、線などが消えないようにその部分を避けて塗ってください。
  • 放射線治療直前に塗るとやけどの原因になる場合もあるので、直前には塗らずに、放射線治療後の夜寝る前などに塗るのがおすすめです。
  • ラベンダーには鎮痛&鎮静作用もあるので、皮膚のヒリヒリした痛みや、お気持ちのリラックスにも効果的です。
抗がん剤の副作用緩和にアロマを活用抗癌剤の副作用ケア 癌の三大治療法(手術・抗癌剤・放射線)の中では、薬の種類によっては、様々な副作用が出る場合があります。その症状を少...

メディカルアロマの基礎を学ぶのに嗅覚反応分析士(サードメディスン)入門講座おすすめです。

サードメディスン入門講座の詳細はこちら⇒⇒⇒サードメディスン入門講座

  • サードメディスン入門講座ではサードメディスンの考え方の基礎となるメディカルアロマの基本を学びます。
  • 基本の精油8種もつくので、ご自宅ですぐ実践可能です。
  • 今回のレシピのラベンダーもサードメディスン入門講座の教材でつく基本の8種の精油です。

どんな精油が自分に合っているか知りたい場合は・・

嗅覚分析(サードメディスン)メールサポートケアがおすすめです。

自宅にいながらにして、自分にあった精油やケア方法がわかる嗅覚分析メールケアサポート始めました。

カウンセリングシートに現在の状況やお悩みをご記入ください。
嗅覚分析(サードメディスン)理論に基づきあなたに最適な精油を導き出し、使用方法も含めてご回答いたします。

 

画像の説明

8つの香りを嗅いで好きな香りの順番に並び替えるだけの簡単なチェックです。
ご家族で一緒にチェックすることも可能です。

サードメディスンメールサポートケアの詳細はこちら⇒サードメディスンメールサポートケア

お気軽にお問い合わせください。

使用精油やマッサージの方法などご気軽にお問い合わせお待ちしております。

お問い合わせフォーム・メール(pukalani♪jcom.home.ne.jp)・お電話(080-5084-0764)などでお気軽にご連絡ください!
上記メールアドレスの♪を@に変更して送信してくださいませ。

アロマトリートメント・アロマセミナーの出張も承ります。