精油のプロフィール

ラヴィンツァラ精油のプロフィール

ラヴィンツァラ精油の基本情報

 

精油名 ラヴィンツァラ
学名 Cinnamomum camphora
抽出部位&方法 葉/水蒸気蒸留法
主な成分 1.8-シネオール・サビネン・αテルピオネールなど
免疫刺激作用
誘眠作用
抗ウィルス作用

 ラベンサラ(学名:Ravensara aromatica)という似たような名前の精油がありますが、成分が全然違うので購入する際は、学名をしっかり確認しましょう。

ラヴィンツァラのおすすめの使い方

香り的にも成分的にもユーカリと似ていてスッーとした香りで、風邪・インフルエンザ・花粉症などに効果的な精油です。

PUAKLANI的考察

  • ユーカリと似た成分なので、風邪&インフルエンザ予防に効果的です。
  • ラヴィンツァラの特質すべき特徴は、免疫刺激や誘眠作用があること
  • 免疫刺激作用があるので、風邪やインフルエンザに負けない身体づくり効果的。流行のきざしがみえたらお部屋に香らすのがおすすめです。
  • スーッとした香りなのに誘眠作用があります。成分特定はできていないようですが、風邪になったらどうしようと悩みやすい人や、運動不足などで身体が物理的に疲れていない人に効果がありそうです。
  • 嗅覚反応分析的には、運動不足気味の人・おっとりさん・悩みやすい人などにおすすめです。

インフルエンザ&風邪予防での使い方

  • 芳香浴での使用で空気中のウィルスを撃退しましょう
芳香浴の効果アロマテラピーで1番お馴染みなのは芳香浴。ディフューザーもいろいろな種類も売っていますし、加湿器や空気清浄機でアロマが使える機能があるも...
  • ブレンドオイルを作成し、夜寝る前に胸元に塗れば、安眠効果も期待できます。
精油の希釈の目安アロマセラピーの基本として、精油の使い方をしっかり理解しましょう。 精油は原液で使用すると肌が荒れたり、赤くなったりする人もいるの...