アロマテラピーの基本

精油の希釈の目安

アロマセラピーの基本として、精油の使い方をしっかり理解しましょう。

精油は原液で使用すると肌が荒れたり、赤くなったりする人もいるので、原液ではせず、植物油で希釈して使用しましょう。

「植物油での希釈の目安」

希釈の目安は、どのくらいの面積の場所にぬるかで決まってきます。濃度が濃ければ濃いほど効くというものではなく、安全な濃度で使う目安です。

全身

  •  植物油10mlに対して精油6滴(3%)まで

 

部分(肩・足・腰)の場合

  • 植物油10mlに対して精油20滴まで(10%)
  • 適量を患部にすりこむ

 

部分(リウマチ・関節炎・便秘)の場合

  • 植物油10mlに対して40滴まで(20%)
  • 適量を患部にすりこむ

 

局所(頭痛・ニキビ・水虫)の場合

  • 60滴まで(30%)
  • 美容液のように1滴をすりこむ

 

ちいさなお子さん(小学生以下)に使う場合

  • 植物油10mlに対して精油2滴(1%)まで
  • 小さなお子さまは、極力薄めに使うのがおすすめです。
  • 精油量は大人の半分以下を目安にするのもいいでしょう。

上記の希釈濃度はあくまでも目安です。人によって体調によって反応は様々です。

心配な方は・・・

パッチテストをおこなってください。

濃度が薄くてもアレルギー反応は起こす事があります。

 

使用するブレンドオイルを1滴を肘の内側に塗布して30分以上、炎症などが起こらない事を確かめてからご使用ください

 

万一、異常が起きた場合はただちに使用を中止し、皮膚科の専門医に診断してもらいましょうね。

以上を守って安全に楽しくアロマセラピーを使用しましょう

 

 アロマの基礎を学ぶのにサードメディスン入門講座おすすめです。

サードメディスン入門講座の詳細はこちら⇒⇒⇒サードメディスン入門講座

  • サードメディスン入門講座ではサードメディスンの考え方の基礎となるメディカルアロマの基本を学びます。
  • 基本の精油8種もつくので、ご自宅ですぐ実践可能です。
  • 精油の希釈方法なども学びます。