コラム

痛いvs痒いどっちが強い?

 

痛いvs痒いどっちが強い?

比べるものでは無いような気もしますが、どっちだと思いますか?

答えは・・・「痛い!」

「痛痒い」なんて表現もありますが、両方存在した時には、痛い!の感覚が先に脳に伝わるのです。

子どもの頃、蚊に刺された時に、掻いてぷくっとなった部分を爪で十字(×印)にしたりしませんでしたか?あれも痒みから逃れるための理にかなった行動だったのです( *´艸`)

(但し、掻きすぎて傷がついてる時にやると爪のばい菌が入って悪化する場合もあるので注意が必要です)

蚊にさされると痒い理由。蚊にさされた時のアロマレシピ蚊にさされると痒い理由 蚊にさされると痒い理由は、蚊がさした時に皮膚に蚊の唾液が入るから、蚊が血液を吸痛いやすくするために、蚊の唾液の...

 

アロマで自家製なんちゃってキンカンレシピ 参考サイトはこちら⇒キンカンは万能?なぜ肩こりや打撲にも効く?驚愕の効能を金冠堂さんに聞いた この記事によると・・・ 「...

 

弱い痛みを与えて痒みから逃げる・・・これには他の方法もあります。
それはペパーミントの精油
あのスーッとした感覚は弱い痛みの刺激のことなのです。

だから、痒みには⇒ペパーミントが効く!

かゆみ対策用精油のくすり箱 かゆみ対策について、かゆみと言ったら「ムヒ」なので、ムヒのサイトでお勉強させていただきました。 かゆみに効果的な働き 虫刺さ...

 

「痒い!」より強い「痛い!」を凌ぐもっと強いもの

それは・・・「優しくさする」こと。
ゲートコントロールと言って、痛みを脳に伝える扉を優しくさすることで、閉じることができるのです。

痛い!痒い!優しくさする刺激(心地よいタッチ)の感覚を脳に伝える車線は同じところを通ります。そしてその順番が、

心地よいタッチ>痛い>痒いになります。

・・・ということで、
ペパーミントの精油を使用してのアロマトリートメントが「最強!」ってことになるのです

痛いとついそこに手をあてる理由好きなテレビ番組のひとつが、チコちゃんに叱られる。 ひとつのトピックをまずは、とても簡単に回答してそこから深めていくのでわかりやす...

 

「痒い!」にも「痛い!」にもアロマトリートメント

慢性的な痛みや心因性の痛みにはリラックスすることで痛みの軽減ができます。

痛みや痒みに効果的な精油を使用してのゆっくり優しく触るアロマトリートメント最適です。

メニュー pukalaniでは「香りと色で元気になる!」をテーマに、アロマトリートメント・カウンセリング・講座のメニュ...