アロマレシピ

パーキンソン病をアロマでケア

パーキンソン病の原因

脳内のドーパミンという神経伝達物質の不足があげられます。

何故不足するのかは、まだはっきりと原因がわかっていないのだそうです。

ドーパミンの分泌を促進する精油成分

ゲラニオール:パルマローザやゼラニウムなどバラっぽい香りの精油に豊富に含まれる

L-リモネン:セロリ・メイチャン(リトセア)・ネロリ・フランキンセンスなどに豊富に含まれる

おすすめケアアロマレシピは・・・

パーキンソン病のケアアロマレシピ
  • パルマローザ  10滴
  • フランキンセンス 5滴
  • メイチャン    5滴
  • ホホバ油     5ml

首すじや胸のあたりに塗るのがおすすめです。

セロリはかなり個性的な香りではありますが、美白効果もあるので、1本持っていてもいいかもしれません

アロマとしてセロリの香りを使うのはちょっと・・・という方は、サラダなどで積極的に食すというのもありだと思います。

 

おすすめの市販のブレンドマッサージオイル

自分でいろいろ揃えて作るのは面倒だなぁという方は、まず市販のブレンドマッサージオイルを試してみるのもいいかと思います。これなら購入したら何もせずに塗るだけ

そこで手ごたえを感じたら、いろいろ揃えて自分なりのブレンドを楽しむといいと思います。

リラックス用のブレンドマッサージオイルですが、ドーパミンの分泌を促す芳香成分を含む、パルマローザやローズウッド・リトセアなどが入っているので代用可能です。

不安やうつなどの周辺症状に対しても効果的です。

芳香浴もおすすめです。

アロマの香りは、脳内へ電気信号として送られます。

そのため、芳香浴という形でお部屋に漂わすのでも効果が期待できると言われています。

芳香浴の効果アロマテラピーで1番お馴染みなのは芳香浴。ディフューザーもいろいろな種類も売っていますし、加湿器や空気清浄機でアロマが使える機能があるも...

パーキンソン病の症状

パーキンソン病の症状は、症候群といわれるように、進行の度合いなどで様々です。

運動症状

  • 手足がふるえる(振戦)
  • 動きが遅くなる(無動)
  • 筋肉が硬くなる(固縮)
  • 体のバランスが悪くなる(姿勢反射障害)

 

非運動症状

  • 自律神経系症状
  • 便秘
  • 排尿障害(頻尿)
  • 起立性低血圧
  • 睡眠障害
  • むずむず脚症候群

精神症状

  • 抑うつ
  • 不安
  • 無関心、(幻覚、妄想)
  • 認知機能障害

原因不明の症状の緩和には嗅覚反応分析がおすすめです。

  • サードメディスンは、嗅覚を使用した体質チェックツールです。
  • 嗅覚は先入観の影響を受けにくい感覚で、たとえ原因不明であったとしても、その方のイオンバランスを整えることで、症状緩和に導くものです。
  • 簡単なチェックで、その方の必要な精油・食べ物・セルフケアなどがわかります。

 

嗅覚反応分析とは・・・

8種類の香りを嗅ぎ、好みの順番に並べ替えるというシンプルな手法で、その結果をチャート化することにより、体質診断はもちろん、体質改善に必要な精油や栄養素(食事)、体質に合った健康法など、あらゆる対処方法を「自分で考えられるようになる」のが特長です。(TMPのHPより引用)

嗅覚反応分析とは?嗅覚反応分析(サードメディスン)とは? 嗅覚反応分析(旧:サードメディスン)とは嗅覚で心と体を読み解く、日本で生まれた新しいアロマセラ...